2020/02/09
事例紹介(法人向け)

リコール事故の補償

万が一、結果のある製品を製造・販売してしまった場合、いち早く製品の回収が求められます。リコールの実施にかかる多額のコストをはじめ第三者に対する対人・対物賠償や損賠賠償金や訴訟に要する費用を補償します。

町田中央コンサルティング 相談ご予約はこちら>