2020/10/16
財務Q&A

相続の効力に関する見直とは?

不動産を相続した場合はすぐに登記を..。相続不動産についてしっかり登記をしておかないと、法定相続を超える分は所有の権利を主張できなくなりトラブルになるようです。

動画リンク
https://youtu.be/0tIJ1-llp1k

今回は相続40年ぶりの相続の民法改正があったわけですが、今回は5番目のポイント、相続の効力に関する見直しについてお話をさせて頂きます。2019年7月1日に施行です。これは遺言書などにより法定相続分以上の不動産を取得した場合、 今までは、不動産の登記を変えてなかったとしても権利が主張できました。しかし、今回の民法の改正により、不動産の登記を変えていなかった場合、権利を主張できないということになりました。ですから相続が発生したら、必ずその都度登記をすることがトラブルを避ける重要なポイントになります。日本では、 九州の面積ぐらい誰の土地だか分からない登記ができてないところがあると言われています。ですから、今回の民法の改正により都度都度、遺産分割協議が済んだのであれば登記をするということが大事なポイントになります。

町田中央コンサルティング 相談ご予約はこちら>